人気ブログランキング |
2006年 01月 29日
ゆきにゃあ・・・
今日で、ゆきにゃあが天国に旅立ってから、1年経ちます。

ゆきにゃあは、2005年1月22日に病院で血液検査をしたのですが、医者に言わせると歩いているのが不思議なくらい、腎臓の数値が最悪でした。

それから、3日後には歩けなくなり、いろいろ手当はしましたがどんどん衰弱し、29日に他界してしまいました。

f0033381_19494091.jpg


その日私は、日立市で仕事をしていました。
仕事は、合唱イベントの撮影だったのですが、演奏は午後2時半頃には終わり、閉会行事が始まるのを待ってる時のことでした。

私の撮影場所から3〜4m離れたホールの片隅に、ゆきにゃあの姿が思い浮かびました。
それは、いつも私が帰ってきたときに、階段の上やリビングの中で、ちょこんと座ってこっちを見ている姿でした。
ゆきにゃあは、それからしっぽを上げ、私に近づいてくるように思えました。
その姿を、1m近くまで目で追ったのですが、それ以上注視することが出来ず、顔をそむけると涙があふれました。


3時半頃、仕事がすべて終わり、家に電話しました。

「もうだめみたい・・・・」
妻はそう答えました。
私が電話する少し前に、ゆきにゃあの瞳孔が開いているのに気がついたそうです。


ホールで、私の脳裏に浮かんだのは、ゆきにゃあがお別れに来た姿だと思いました。
すぐには帰れない私に、ゆきにゃあが会いに来てくれたんだと・・・。

今でもそう信じています。

ゆきにゃあ、天国で元気にしてるかな・・・。


++++++++++++++++++++++++++++

f0033381_20151516.jpg

まろにゃあは、おとといに比べると、だいぶ元気になりました。

今日は、久しぶりに2階から降りて来ました。
抱いて上がろうかと思いましたが、そのまま歩かせると、階段も上ることが出来ました。
食事の量は少なめですが、何回かに分けて食べています。

(1月30日6時前追記)
まろにゃあは、ベッドに飛び乗れるくらい元気になりました。
1回に食べる量は少ないですが、食欲もほぼ回復したようで、自分の体内時計のスケジュールに従って、餌を食べに起きてきます。
でも、相変わらず寝床にいる時間の方がずっと長いので、まろにゃあの1日の歩行距離は、50mにも満たないのではないかと思います。
起きてきたら、足を揉んでやったり、背中伸ばしをして、身体をほぐしてやろうかと思います。
今やってる餌は、ペーストタイプのやつですが、指先に付けて口元へ持って行ってやると、よく食べます。
なんか文字通り、老猫介護、って感じですね。(笑

by yukinyaa | 2006-01-29 19:44 | ねこ


<< まろにゃあ・・・一喜一憂。      まろにゃあ >>